UTM(統合脅威管理)

UTM(統合脅威管理)

ウィルス、スパムメール、不正通信、標的型攻撃、水飲み場攻撃…
あらゆる脅威をUTM1台でブロック。

UTMとは

UTM(Unified Threat Management)とは、「統合脅威管理」のことで、インターネットの出入り口部分に設置して、ウィルスやスパムメール、不正通信、悪質なWebサイトへのアクセスなどをブロックしてくれるものです。
ルーターのような機械のUTMにインターネットに接続するための線を繋げて利用します。

UTMは導入と運用が比較的簡単な上、低コストで強固な情報セキュリティ体制を構築できるため、特に中小企業にはおすすめできる対策方法です。

UTMの仕組み

UTMがなぜ必要か

UTMは、近年の多様化・複雑化するサイバー攻撃に対応するために、特にインターネットを利用している企業(法人)にとっては必要不可欠なのです

例えば、多様化・複雑化するサイバー攻撃には次のようなものがあります。

既に世の中に蔓延している「既知」のウィルス、まだ出回っていない「未知」のウィルス

流暢な日本語で書かれており、一見それとは見分けがつかないスパムメール

あたかも業務やビジネスに関係があるかのように見せかけられた標的型メール

気付かぬうちにインターネットバンキングのお金を抜き取ってしまう不正送金プログラム

パソコンを「ボット化(乗っ取り)」して、ハッカーに操られてしまうプログラム

ハッカーが、企業(法人)のネットワークに入れるかどうかをチェックする不正通信

Webサイトを改ざんし、そこに訪問した人にウィルスや不正プログラムを感染させる

サイバー攻撃

上記はほんの一部ですが、こうした攻撃に対してはウィルス対策ソフトやファイアウォールだけでは防ぎきれないのです。

防ぎきれないのです。

ウイルス対策ソフト

パソコンそれぞれの中で動作するので、ネットワークそのものに入ってくる攻撃には対応しきれない。また、最新のウイルスに対してはブラックリストの更新が間に合わず、ブロックできない場合がある。(ウイルス対策ソフトで検出してブロックできているウイルスは現在45%程度と言われている)

ファイアウォール

外部からの通信は機械的にブロックできるが、内部から外に出て行く通信に対してはほぼすべてを許可しているので、改ざんされたWebサイトなどには対応しきれない。また、未知のウイルスや高度な攻撃には対応しきれない。

UTMは、こうした弱点を一気に解決するために設計・開発されたセキュリティ機器です。

企業(法人)の情報セキュリティ対策として一般的な
ウィルス対策ソフトやファイアウォールそれぞれの弱点をカバーし、
かつ強固なセキュリティ体制をつくることができるのがUTM
なのです。

UTMを推す女性
UTM比較表のダウンロードはこちら

UTM導入のメリット

①UTM1台であらゆるサイバー攻撃に対応できる

img_utm

UTMは、複数の高度な情報セキュリティ対策機能を持っています。
そのため、ひとつひとつを別々のソフトや機器で対策するよりも、一気にまとめて対策できるのが大きな特長です。

・既知・未知のウィルス対策
・アンチスパムメール
・IPS/IDS(不正侵入予防・不正侵入検知)
・URLフィルタリング
・アプリケーション制御
・情報漏えい対策
・ボットネット検知
・標的型攻撃対策
  など

UTMメーカーによって多少の機能の差はありますが、多くの場合は7、8個程度の機能が1つになっています。

②従来の対策では防げない最新のサイバー攻撃を防ぐことができる

サイバー攻撃を防ぐ

昨今のサイバー攻撃は、人の目では本物かどうか見分けられないスパムメールや、攻撃を受けているとは気付きにくい不正通信など、年々多様化しており、ウィルス対策ソフトやファイアウォールだけでは防ぎきれないものも多くなっています。

UTMは、そうした従来の対策だけでは防ぎきれないサイバー攻撃を防ぐことができるようになります。

例えば、次のような導入効果があります。

・業務に関係があるかの様に見せかけたスパムメールを開封できないようにする
・「ハッカーに改ざんされたWebサイト」に気付かぬ内にパソコンからアクセスしようとした場合に遮断される
・まだウィルスかどうか分からないプログラムを仮想空間で動作させチェックする
・機械的なウィルス対策ソフトなどの対策では防げない「標的型サイバー攻撃」を防ぐことができる

既存のウィルス対策ソフトに加えて、UTMを導入することでより強固なセキュリティ対策の構築ができます。

③情報セキュリティ体制強化により、企業の信頼性が向上する

企業の信頼性

UTMによって情報セキュリティ体制を強化できると、次のような効果を見込めるでしょう。

・サイバー攻撃に遭う確率を低減し、経営リスクに直結する被害を回避することができる
・経営者・社員が安心してインターネットやクラウドサービス等を使うことができる
・顧客や取引先等に対して情報セキュリティ対策を実施していることをPRすることで信頼性を訴求できる

企業として、お客様や取引先、社員のみなさまが安心してインターネットを利用し、付き合いができることは大変重要です。

UTMを上手く活用することで、企業の信頼性を向上することができるでしょう。

お問い合わせはこちら
▼

「大田区 情報セキュリティ相談センター」が
おすすめするUTM

「大田区 情報セキュリティ相談センター」がおすすめするUTM

CheckPoint

Check Point

【サービス名】Check Point
【メーカー名】日本法人:チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
       (本社 イスラエル テルアビブ)
【URL】 http://www.checkpoint.co.jp/

【Check Pointの特長】

  • 1台で8つの機能を搭載し
    手軽にネットワークを安全に

    CheckPoint

    CheckPointのUTM1台で、8つの強力なセキュリティ対策を実現できます。特に中小企業にとっては必須の機能を揃えているので、1台だけで深刻なサイバー攻撃の被害に遭ってしまう確率が下がります。また、設定から運用開始まで簡単に実施できます。

  • 独自のウィルス対策システムで
    最新の脅威を検出

    CheckPoint

    ウィルス対策システムにより、常に最新の脅威に対抗できます。CheckPointは、ThreatCloudという情報収集と脅威情報を配信するサーバーを保有しています。集めた脅威情報からパターンファイルを作成し、UTMに自動配信することでこの仕組みを実現しています。

  • Microsoft・Adobe製品の
    脆弱性対応実績No.1

    CheckPoint

    IPS機能により、外部からのソフトウェアの脆弱性を利用した攻撃をしっかりブロック。数千種類に及ぶ外部からの攻撃に対応しています。トップクラスの対応実績があるので、安心してインターネットをご利用いただくことができます。

  • 未知の脅威やゼロデイ攻撃に
    対応する仮想サンドボックス

    CheckPoint

    Threat Emulation機能により、未知の脅威やソフトウェアの脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃に対応します。疑わしいデータファイルをダウンロードする際、 ThreatCloudを参照し、危険なものは即時にブロック。サンドボックスを回避するデータファイルにも有効です。

  • 業界No.1のアプリケーション
    コントロールで許可・禁止設定

    CheckPoint

    6,000種以上のWebアプリケーションを識別し、その利用を禁止したり細かく制限することができます。このアプリケーション対応数は業界No.1です。この機能により、不用意な情報漏えいを防止したり、業務上不必要なアプリケーションの使用を制限できます。

  • インターネットスピードOK
    Wi-FiでノートPCやモバイルも

    CheckPoint

    UTMはインターネットの出入り口に設置する機械ですが、CheckPointは十分な接続スピードを維持しながら、高度なセキュリティ対策を実施できます。また、ノートPCやスマートフォン等のモバイルデバイスによる通信も安全な形で利用できます。

UTM比較表はこちら

技術サポート体制・アフターフォロー

「大田区 情報セキュリティ相談センター」では、貴社の安全なセキュリティ状態を維持し、快適にネットワークをご利用いただくために、直接アフターフォローを実施しております。経験豊富なエンジニア部隊が対応いたしますので、安心してお任せください。

①不正通信検知レポート提出

定期訪問

「大田区 情報セキュリティ相談センター」のエンジニアが、
貴社のネットワークに対する攻撃・ブロック状況、不正な通信等をレポート化し、訪問して報告いたします。

サイバー攻撃の状況を見える化することで、安全にネットワークを
ご利用いただけるようサポートいたします。

※機種・製品により対応不可能な場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

②トラブル・不具合対応

トラブル・不具合対応

万一、お客様でお使いの情報セキュリティ対策製品が不具合等を起こした場合、 「大田区 情報セキュリティ相談センター」のエンジニアが直接訪問または電話ですぐにトラブル・不具合対応いたします。

③最新の情報セキュリティニュースをお届け

セキュリティニュースをお届け

「大田区 情報セキュリティ相談センター」の担当者が、

最新の情報セキュリティニュースや気をつけるべき被害事例などを定期的にお伝えします。

経営に役立つことや、知っているだけでも対策になる情報をお持ちします。

④快適なご利用提案

快適なご利用提案

「大田区 情報セキュリティ相談センター」のエンジニアが、貴社のネットワークに対する攻撃・ブロック状況、不正な通信等をレポート化し、定期的に訪問して報告いたします。

サイバー攻撃の状況を見える化することで、安全にネットワークをご利用いただけるようサポートいたします。

サービス導入の流れ

まずはお問い合わせください。当社の経験豊富な社員がお客様のご要望をうかがい、ネットワーク・オフィス環境を把握した上で、最適なご提案をいたします。

  • お問い合わせ

    ①お問い合わせ

  • ご要望をヒアリング

    ②ご要望をヒアリング

  • ネットワーク環境調査

    ③ネットワーク環境調査

  • 正式なご提案・お見積

    ④正式なご提案・お見積

  • ご契約

    ⑤ご契約

  • 導入

    ⑥導入

お問い合わせはこちら

トラブル対応

中小企業経営者向け情報セキュリティ対策セミナーセキュリティハンドブック

小冊子ダウンロード

Contact

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください
無料オフィスセキュリティ診断

【対応エリア】

大田区東海、城南島、京浜島、昭和島、平和の森公園、平和島、ふるさとの浜辺公園、大森本町、大森東、大森南、大森中、大森西、大森北、北馬込、東馬込、山王、中央、南馬込、西馬込、中馬込、東蒲田、北糀谷、東糀谷、西糀谷、南蒲田、羽田空港、羽田旭町、羽田、本羽田、南六郷、東六郷、萩中、西蒲田、蒲田、蒲田本町、新蒲田、仲六郷、西六郷、石川町、北千束、南千束、上池台、東雪谷、南雪谷、雪谷大塚町、田園調布、田園調布本町、北嶺町、東嶺町、西嶺町、田園調布南、仲池上、池上、千鳥、南久が原、久が原、鵜の木、下丸子、矢口、東矢口、多摩川